昨季モナコからマンチェスター・シティに移籍したフランス代表DFバンジャマン・メンディ。

2017年7月23日、マンチェスター・シティFCと5年契約を結ぶことが発表された。24歳のバンジャマン・メンディの背番号は22番。

英紙である「DailyMail」のニュースによると、マンチェスター・シティFCのDFバンジャマン・メンディがSFRスポーツインタビューを受けた時は、「自分は体でも心理上でも、フランス代表のために、準備を用意しました」と語った。

貴重な左サイドバックとして起用されたものの、前十字靱帯断裂という大きな怪我を負ってしまったため、今季のプレミアリーグで合計7回出場した。

今年の4月まで、怪我が治して試合に復帰したが、出場時間は1時間でも足りない。

SFRスポーツの記者にバンジャマン・メンディがこう言った。「僕は他のサッカー選手と同じように、できるだけ、出場時間を稼ぎます。もし、フランス代表チームが必要すれば、僕がフランス代表としてロシアW杯に出場します。今は、フランス代表 メンバーの発表を待っています。僕のロシアへ行く準備もうちゃんと用意しました」。

彼の次の試合出場予定は5月13日、アウェイ戦でサウスハンプトンと対戦する。

フランスがオーストラリア、ペルー、デンマークというCグループを戦う。フランスの最初の試合は6月16日に行われる。

ロシアW杯前に、フランスがアイルランド、イタリア、アメリカの親善試合が行われる。

筆者について

admin

記事を表示 →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です